たくさんの人に同じメールを配信する仕組みにダイレクトメールがありますが、メルマガシステムはダイレクトメールの電子版のようなものだと思っておくとわかりやすいでしょう。登録してあるメールアドレスに、同じ内容のメールを一斉配信することができます。ダイレクトメールでは郵便代金もかかりますし、送り先の人が住んでいる場所によって、到着が異なります。メルマガシステムは利用者側も簡単に登録、解除をすることができますので、不要になれば解除し、メールが届かないように設定することもできます。ほとんどのメールマガジンは無料で利用することができますので、自分に合った情報を選んで受信することによって、最新の情報を手軽に取得することができる大変便利なネットのシステムです。

メルマガシステムを利用するときの注意点

メルマガは同じ会社でもたくさんの種類を配信していることがあります。簡単に登録することができる反面、たくさん登録するとどれが何のメールなのかわかりにくくなってしまうことがあります。送る場合はタイトルに識別できる文字列などを入れておくことで、利用者側の利便性を向上させることができます。また、ダイレクトメールと違ってメールを用意すれば簡単に配信できるため、誤字脱字やおかしな表現がないか校正することも大切です。不備があった場合は訂正や謝罪のメールを配信することも忘れないようにしましょう。特に内容に不備があった場合は早急に訂正する必要があります。メルマガシステムはダイレクトメールと比較するとかなり安く楽に利用することができますが、たくさんの人が利用しているのですから、その簡単さに慣れすぎてしまわないように注意しましょう。

メールマガジンをもっと使いやすくする方法

たくさんのメールマガジンを受信していると、すぐにメールボックスがいっぱいになってしまいます。受信するメールの数が多い場合はフォルダを作り、自動でフォルダ分けする仕組みを利用すると良いでしょう。特に配信数が多いメールマガジンは普段受信するボックスとは別に分けておいたほうが良いです。また、定期的に購読しているメールマガジンでも、常に欲しい情報があるとは限りません。最初のうちは開いてはいても、そのうち開封すらしなくなってしまうこともあります。PCのメールボックスでもフリーメールのメールボックスでも、容量は無限にあるわけではありません。たまには読まなくなったメールを削除したり、必要なものだけを分けるなどの整理が必要です。特にhtmlメールで受信している場合は容量が大きくなりますので、受信ボックスの制限に注意しましょう。