メルマガを毎日発行するには、メルマガシステムを利用するのが効果的です。大量のメールを一斉配信できる他、効果の測定から配信コンテンツの管理、そしてマーケティングの情報収集まで行えるからです。メルマガシステムには、場面ごとに機能が異なりますが、文面作成に重点を置いたサービスでは、HTMLメールエディタを搭載しているものもあります。それによって、ターゲットに合わせた効果的な文面に仕上げることが出来ます。また、スマホ対応の絵文字やデコメ入りの文面の作成もできるので、読者に対して好印象を与えられるわけです。メルマガシステムの配信支援では、メール配信におけるアドレス管理も簡単に行なえます。複数のデータベースから異なるフォーマットのデータを抽出することも可能ので、重複を排除するとともに、スケジュールにあわせて効率的に配信できます。

メルマガを毎日発行するメリット

多くの企業がマーケティングツールの一つとして、メルマガを利用していますが、実際、発行効果が出やすくなっています。メルマガの種類としては、毎日発行するタイプと不定期に発行するタイプに分かれ、それぞれにメリットとデメリットがあります。それでも、一般的には毎日発行する方がメリットは大きいとされており、内容が充実していれば、高いマーケティング効果が得られます。メルマガを毎日発行することで、ユーザーとの接触頻度を高めることが出来、ある種の信頼関係を築けるわけです。これは「ザイアンス効果」と呼ばれるもので、営業職の人がよく用いる手法です。営業職の人の格言として「取引は顔を出してナンボ」や「用がなくても顧客に会いに行け」というものがあり、その効果が実証されてきたと言えます。それはメルマガにも当てはまり、いつの間にか毎日来るのが当たり前になり、来ない日は寂しくなったりするわけです。

メルマガを効果的に発行するポイント

メルマガを毎日発行することで、ユーザーは信頼性のある情報源として認識するようになります。それ故、情報に関しては、有益性よりも正確性が大事になり、リアルタイムな情報であるほど、真実性が求められます。特に個人や諸規模な会社であれば、発行の労力も相手に伝わるので、正確な情報を載せれば、ユーザーに影響力を発揮できるようになると言えます。そして、ユーザーがメルマガを毎日読むクセを付ければ、掲載されている商品等にも好意的になり、売上につながる可能性が高くなります。また、発行側としても、毎日メルマガを書くことで文章力を上げることが出来、より魅力的な文章に仕上げられるわけです。一方、毎日発行するデメリットとして、内容が薄くなるリスクがあります。また、ユーザー側としては、毎日送られることに不快感を抱く人も多く、解除率も上がってしまいます。それに対しては、発行側は無理をしないことが大事で、文章も短いほうが読者から反感を買いにくくなります。